セックスを楽しく!彼女の機嫌を損ねずに「してほしいこと」を伝える方法

みなさんは彼女とのセックスに満足していますか? 肉食系の男性なら思う存分楽しめるかもしれませんが、草食系の男性は、相手になかなか自分の要望を伝えられなかったりして、セックスが不満足に終わることも多いのではないでしょうか。果たして彼女に自分のしてほしいことをうまく伝えるにはどうすればいいのか、相手の機嫌を損ねることなくリクエストをするにはどう言えばいいのか、この記事で考えてみたいと思います。

◆まずは自分が変わること!

あなたは今の彼女とのセックスに満足していないかもしれません。しかしそれは、彼女のほうも同じかもしれないのです。向こうだって、もっとこうしてほしいのに、と思っているのを、あなたのことが好きだから、黙っているかもしれないわけですね。体の相性というのは大人の恋愛にはとても大事なことで、お互いがセックスに不満を抱いていると、いずれ気持ちが冷めてきてしまいます。プラトニックラブというのは、やはりごくごく稀なケースなのです。多くの男女の心の中で、セックスの満足度と愛情の度合いはしっかりと結びついているんですね。

セックスをお互いにとって理想的なものとするには、まずどちらかが、進んで相手に尽くすことです。相手のことをしっかりと愛撫をしてあげて、気持ちよくさせる。そうすると相手も、あなたのことを気持ちよくさせようとして、色んな面で努力してくれるようになるはずです。このように、たとえ言葉がなくとも、行動を変えるだけで、セックスの質が向上していく可能性は、少なからずあるのです。

◆それでも変わらない場合は……

しかしたとえば、あなたの行動の変化に気づかなかったり、そもそもセックスにあまり興味がなかったりして、愛撫の仕方を変えてくれない子もいるかもしれません。そうなれば、言葉で、自分のしてほしいことを伝えるしかありません。しかしそれにはひとつポイントがあります。それは彼女に、「どうされると気持ちいい?」と愛撫の仕方を訊ねてみることです。たとえばクンニリングスや指での愛撫でも、微妙にやりかたを変えるだけで、気持ち良さが全然違ってくるものなんですね。彼女の好みもあるでしょうから、それを訊いて、そのとおりにしてあげることが、第一の段階です。

もしかしたらここで、彼女は恥ずかしがって答えるのを避けようとするかもしれません。そのときには、君のこともっと気持ちよくしてあげたいんだと言ってあげましょう。あまりしつこくするのもいけませんが、優しく自分の気持ちを伝えてあげれば、彼女も応えてくれるはずです。

相手のリクエストを聞いて、そのとおりに愛撫をしてあげれば、一度彼女の言うとおりにしたという事実ができます。そうすると、あなたのほうからリクエストをしたときに、相手に不公平感を与えることがありません。また、相手はあなたの愛撫で心から気持ちよくなったわけですから、今度は一生懸命あなたに尽くしてあげたいと思うでしょう。そのような状態を作り上げてから、要望を伝えると、彼女が機嫌を損ねることもないのです。

体の相性はとても大切です。セックスがお互いにとって良いものとなるよう、ここはもっとこうしてみて、というリクエストを気軽に言える雰囲気を作ることが円満の鍵ですね。

Copyright© 男性の知らない女性の性実態 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ