挿入前にイカせるセックスをしよう!

女性がセックスに興味を失う要因はいくつかあります。1つは「夫(彼氏)に興味がなくなった、あるいは嫌いになった」という心理的な理由が考えられますが、「セックスが気持ち良くない」という要因もありえます。もともと感じにくい体質の方もおられますが、その多くは「男性側が淡泊なセックスをしている」ことが原因です。

これでは女性は中途半端にしか感じることが出来ず、求められても「またか…」や「しょうがない…」という気持ちが先に立ちます。この気持ちの萎えが快感を阻害してしまい、さらにセックスが楽しくないものになると言われています。

そこで、男性側がテクニックを磨いて、セックスのたびに女性を満足させるようにしましょう。

◆挿入する前にイカせる

「前戯もほどほどに、さっさと挿入して終わり」ではいけません。上記のように女性

は中途半端にしか感じてくれないでしょう。そこで、まずは前戯に徹底的にこだわってはいかがでしょうか?目標は、「挿入する前にイカせる」です。

女性がエクスタシーを迎えると、体は非常に敏感な状態になります。つまり「とても感じやすい状態」になると考えてください。したがって体力的、精力的に激しい挿入が無理な男性でも、淡泊な挿入だけで女性に大きな快感を与えることが可能です。

では、どうすれば前戯だけでイカせることができるのか?ポイントは、雰囲気と同時攻めです。

◆雰囲気を出して、同時攻めを長く続ける

雰囲気を出すと言っても、何もロマンチックなムード作りをする必要はありません。もちろんロマンチックな雰囲気も大切ですが、もっと大切なのは女性に「今から抱かれるの…?」と思わせることです。

そこで実践したいのが、「いつもとは違う始まり方」です。セックスを始める時、男性の皆さんはどうしているのでしょうか?黙って妻のフトンにもぐり込むのでしょうか?「なぁ、良いだろ」と声をかけているのでしょうか?この部分に関しては、無意識に毎回同じパターンになっている男性が多いと言えます。

つまり、これを変えるだけで女性は「えっ?なんかいつもと違う…」と思えるため、それだけでも雰囲気作りは大成功です。

そして同時攻めです。前戯、つまり愛撫ですが、いつもはどうしているでしょうか?女性を寝かせた状態でやっている方が多いでしょうが、座った状態でやってみましょう。自分が座り、その前に女性を座らせる方法がオススメです。たとえるなら、自分が座椅子となって、女性を座らせるような体勢を心がけましょう。

そして耳、首筋、唇、バスト(乳首も含む)、クリトリスなど、最低2か所を同時に、しかも優しく責めるようにしてください。さらにいつもより長い時間をかけて行えば、女性は前戯だけでもイキやすく、イカないまでも体を敏感な状態にして挿入を迎えることが出来るでしょう。

いかがでしょうか?最終的には前戯だけで1回イカせることが目標ですが、最初から確実にイカせられるとは限りません。とくに女性がセックスに対して興味を失っているならば、何度も体を重ねて「この人とのセックスは気持ち良い」と思ってもらえるようにしていきましょう。

Copyright© 男性の知らない女性の性実態 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ