後ろからの愛撫が好きな女性は多い!

愛撫は、セックスにおいてとても重要なものです。お互いの感情を高め、また女性を濡らすことも大切です。濡れていない状態で挿入すると痛みを感じる女性が多いため、愛撫で敏感な場所を刺激し、女性を濡らすというステップを踏むことが重要なわけです。
しかし、ただ愛撫すれば良いというわけではありません。女性の気持ちを高め、効率的に濡らすには、覚えておきたいテクニックがあることも忘れないでください。

◆後ろから愛撫してみよう

実際に行われたアンケートによると、「後ろから愛撫されるのが好き」と答えた女性も多いようです。ベッドに座った姿勢で女性の背後に回って責めるテクニックを実践してみましょう。
そしてこの時、ポイントになるのが「同時攻め」です。1か所だけを愛撫するのではなく、「耳+バスト」のように、2か所を同時に刺激するテクニックです。女性の体は2か所を同時に責められると、それぞれの快感が体の中で共鳴するようになっており、1か所だけを愛撫するよりも効果的と言われています。
さらに、立った状態でなでるのも1つのテクニックです。ベッドの脇に立って女性の背後に回り、その状態で愛撫してみましょう。この「立ち愛撫」を好む女性も多く、理由は「立っている状態の方が、力が抜けていく感覚が分かりやすいから」だそうです。
もちろんこの時も、同時攻めの基本テクニックはお忘れなく。

◆環境を変えてやるのも良し

普段は自宅でセックスしている人の場合、一度ホテルに泊まってみる方法も効果的です。ラブホテルではなく、ごく普通のシティホテルで十分でしょう。ただし高い階層の部屋を予約してください。10階建てのホテルなら10階、あるいは9階のように、景色を見渡せる部屋にするのがポイントです。
そして景色を眺めている彼女の背後に回り、その状態で愛撫をしてください。普段と違い環境、窓からの夜景、これだけでも女性の気分は盛り上がるものです。そしてもちろん、ここでも同時攻めは必須でしょう。
夜景を見ながら同時攻めで愛撫され、体の力が受けていく感覚を味わってもらう。男であれば、この程度のテクニックは身に付けておくべきと言えるかもしれません。
いかがでしょうか?今まで、女性がベッドに横たわり、その状態で愛撫をしていた男性は多いはずです。しかし後ろからの愛責めを好む女性が多い以上、「後ろからの愛撫」を1つのセックステクニックとして覚えてください。

とくに練習などは必要ありませんし、知っていれば誰でも出来るテクニックです。そして同時攻めを一緒に取り入れるなどして、愛撫で今以上の快感を女性に味わってもらいましょう!

Copyright© 男性の知らない女性の性実態 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ