セックス中もレディーファーストな男はモテる!

モテる行動の代表格といえばレディーファーストではないでしょうか。女性のことを考えて先回りをする、そしてお姫様のように扱ってあげる…それだけで彼女の心は晴れやかになるものです。
女性の心を虜にするレディーファーストとはどのようなものか、セックスにも役に立つのか…そこのところを解説していきます。

◆レディーファーストは大切です

レディーファーストができる男性はやっぱりモテるものです。女性というのは他人から認められたい、特別視されたいという欲求が心の奥に潜んでいます。そうした気持ちをレディーファーストは満たすことができるんですね。ですから、女性のことを気遣い、優先してあげられる男性というのはモテるのです。
建物に入るときはドアを開けてあげる、レストランで何を食べたいか聞いてあげる、イスを引いて座らせてあげる…そんなベタベタな行動で構いません。わかりやすいレディーファーストほど、女性は「この人に認められている」「大切にされている」と感じてくれるものなんです。まずは誰から見てもわかりやすい、そんなレディーファーストな行動をしてみましょう。

◆エッチでもレディーファースト?

レディーファーストは何も日常やデートをしている最中だけに行うものではありません。セックスの時だって、相手を気遣う言動は大切なものです。たとえば、AVで勉強したテクニックを駆使してセックスをしたとしましょう。確かに肉体に与える刺激は多いかもしれません。しかし、女性からしたら「体だけが目当てなの?」「AVの真似をしたいだけ?」「下手くそで痛い…」なんて思うかもしれません。相手の気持ちを考えず、ひとりよがりでテクニックだけに頼ったセックスではいずれ見限られてしまうのが落ちなんです。
もちろん、小手先の技術だって必要なことではあります。しかしもっと大切なのは相手の心を見抜くこと、知ろうとする姿勢です。いきなり強引に責めあげるのではなく、まずは優しく体をなぞり女体の反応を確かめるように愛撫していきましょう。そうすれば相手だって「優しくされている」「大切にしてくれている」と思ってくれます。また、じっくりと責めればその子独自の性感帯を発見することだってできるかもしれません。フリーのセックスでそんな個性的な性感帯を見つけることができたら、「この人、なんで私の体知っているの?」と驚くかもしれませんよ。

◆準備を怠らないことも紳士の嗜み

レディーファーストは何もその場での行動に限ったことではありません。女性と会うために、喜んでもらうために様々な準備をすることもまた紳士の嗜みであると言えます。
たとえば、事前にコンドームを持っていく…そんな基本的すぎることも大切なことです。女性の中にはホテル備え付けのゴムに対して疑いを持っている人もいます。「穴が開けられているんじゃ…」と不安を感じることもあるのです。そうした時、あなたが持参したコンドームがあれば多少は安心するのではないでしょうか。
また、勃起力に不安があるならば精力剤を飲んでおくなんてこともよいでしょう。多少なりとも精力はつきますから、セックスを楽しく行えるかもしれません。もし本格的にED気味であるならば…バイアグラを服用しておきましょう。ホテルに入る30分前にパッと飲んでおけばプレイ時にはしっかり効いてきます。せっかくベッドインしたのに勃起できない…では困ってしまいますよね。女性に対しても非常に失礼なこととなります。レディーファーストな男はセックスに対しても準備を怠らないことが必要です。

Copyright© 男性の知らない女性の性実態 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ