睡眠をしっかりとればペニスはまだまだ大きくなる!?

もうペニスは成長しないし…と諦めるのはまだ早い!肉体の成長は歳をとってもちゃんと行われます。もちろん若い頃に比べればそのスピードは遅くなることでしょう。ですが、日常生活に気をつければまったく成長しない、なんてことはないんです。
ペニスが小さくてセックスにコンプレックスがある…そんな方はぜひ睡眠を意識してみましょう!

◆ペニスはいつまで成長するの?

人間の肉体的な成長は10代後半~20代半ばくらいまでがピークだと言われています。一流のアスリートが体のケアを意識してトレーニングをしていても、30代くらいまでが限度です。それ以降は筋力やスタミナの低下が始まり、徐々に衰えていきます。
ペニスも人間の体の一部である以上、そうした衰えの影響は受けることでしょう。成長という意味ではやはり30代くらいが限度…と考える人が多いのではないでしょうか。
確かに、成長のピークとしては長くても30代まででしょう。ですが、50代くらいから筋トレを始めてボディビルで活躍する人もいます。つまり、歳をとっても鍛えていけば成長しないわけではないんですね。
ペニスだってそれは同じことが言えます。増大トレーニングやマッサージ、血流を高めるための食事など、努力をすればまったく増大しないなんてことはありません。もちろん若い頃に比べれば成長スピードは落ちるでしょうが、努力しだいで30代以降もペニスは大きくすることが可能なんです。

◆睡眠によって成長する?

ペニスを成長させるには食事や運動といったことを意識するのが一般的です。血流を高めて血管を強くし、海綿体に多くの血液を流し込み勃起力をアップさせる…これができればペニスは大きくなることでしょう。 また、人間の体の成長には睡眠も大きく関係していると言われています。寝ることは体や脳を休ませるという意味がありますよね。実はもう一つ、体を修復して成長させるという役割もあります。
人間は就寝中に成長ホルモンが分泌されています。日中に受けた傷や怪我の修復するためです。筋トレをすると繊維が刺激されて細かく傷がつきます。寝ている間にホルモンが分泌されて修復され、筋肉が肥大していくのです。 ペニスも同じように寝ている間に修復や各器官の増強が行われています。たくさん勃起をすれば血管や海綿体が激しく収縮します。その結果、細かいキズがつくこともあるでしょう。寝ている間にそれを修復し、傷がつきにくいように増強されていくのです。つまり、ペニスが徐々にですが大きくなっていくんですね。

◆ペニスを増大させる睡眠のコツ

ではペニスを増大させる睡眠のコツもご紹介いたします。睡眠時間は人によってベストなものがあり、7時間~9時間の間くらいが良いとされています。まずは自分にあった長さを実体験から調べていきましょう。
人によっては「仕事が忙しい」「どうしても早起きしたい」ということで十分な睡眠時間がとれないこともあるでしょう。そうした場合、最低でも5時間は睡眠時間をとるようにしてください。それぐらいの時間をまとめてとらないと、成長ホルモンを十分に分泌することができないからです。
また、寝る時間も重要なポイントです。成長ホルモンが最も分泌されやすい時間帯は丑三つ時と言われています。だいたい深夜2時~3時くらいの間です。この時間までに寝ることで、成長ホルモンが十分に分泌され、体の修復・成長が行われやすくなります。人それぞれに生活リズムがあるので難しい時もあるでしょうが、なるべく深夜2時までには寝るようにしたいものです。

Copyright© 男性の知らない女性の性実態 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ