問題は包茎じゃない!女性が嫌がっている本当の理由とは?

包茎だとセックスができない、そう思っているあなたは間違っています。もちろん、包茎の状態によっては性行為をしにくい、あるいは困難である場合もあるでしょう。しかし、機能面でセックスができないというケースはほんの一握りです。むしろ、それ以外の面、女性の気持ちの部分で敬遠されている可能性のほうが高いと言えます。
包茎でもセックスはできるのか、女性は何を嫌がっているのか考えてみましょう。

◆包茎の種類について

包茎と一口にいってもその症状によって3つに分類されます。まずはその種類、特徴などを見ていきましょう。

・仮性包茎
萎えている状態では皮がかぶっていますが、勃起をすると皮が剥けます。また、通常時であっても手を使えば皮を剥くことができるのが仮性包茎の特徴です。包茎の中では最も症状としては軽く、割合的にも最も多いものとなっています。
勃起をすれば亀頭が露出しますのでセックスも全く問題なく行うことができるでしょう。

・真性包茎
勃起をしても皮が剥けることがなく、手で無理やり剥こうとすると痛みなどを感じることがあります。セックスをすることはできますが、人によっては性交痛を伴うことがあります。癒着している皮と亀頭が膣の圧力によって引き剥がされそうになることが原因です。痛みがなければ問題ありませんが、性交痛のある場合は包茎改善を視野に入れたほうが良いでしょう。

・カントン包茎
勃起時や手で皮を剥くことができます。その点については仮性包茎と似ていますが、カントン包茎には決定的な違いがあります。それは包皮口が異常に狭いという点です。皮の入り口が狭いために皮を剥くと亀頭が締め付けられるような状態になってしまいます。特に勃起した状態で剥くと痛みを感じるほどになり、場合によってはうっ血して元に戻らなくなる…ということも。程度にもよりますが、カントンは包茎の中でも特に注意が必要なものといえるでしょう。

◆女性が敬遠する理由とは?

包茎の種類を見てみると、仮性であればセックスすること自体は難しくなさそうに感じます。真性・カントンの場合でも痛みや締め付けがない・弱いのであれば行為そのものは行うことができます。つまり、包茎だからといってセックスできない理由にはならないんですね。ですが、包茎ペニスを敬遠する女性が存在することもまた事実。なぜ彼女たちは男性のペニスの状態をそこまで重視するのでしょうか?
その答えは、包茎=不衛生であるというイメージがあるからです。事実、包茎はその状態にかかわらず亀頭内部の洗浄がしにくいものとなっています。比較的、剥きやすい仮性であってもカリに恥垢が溜まってしまうことは珍しくありません。真性・カントンともなれば、ほぼ剥くことはないですし夏場になると臭いもキツくなることもあるでしょう。そういった不衛生さ・臭さが女性から敬遠される理由なんですね。

◆包茎でもセックスはできる!

包茎ペニスでも女性から嫌われることなくセックスをするにはどうしたらいいのでしょうか?答えはとても簡単で、清潔さを保てばいいんです。毎日お風呂に入ったらしっかりと皮の中を洗う、たったこれだけで女性から嫌われる確率がグンと減ります。
仮性包茎ならば皮をしっかりと剥いて、カリ周辺をゴシゴシ洗いましょう。真性・カントンならば、包皮口からお湯を流し込み垢を落とすようにしてください。指を入れられるならば石鹸で軽く洗ってみましょう。
また、陰毛の手入れをすることもペニスの清潔さを保つポイントです。毛が多いと汗で蒸れやすく、雑菌が増殖しやすくなります。適度な長さにするか、パイパンにすることで清潔さを保ちましょう。

綺麗な状態であれば包茎でも女性は安心してくれます。包茎で悩んでいるのであれば、まずは清潔にすることから始めてみましょう!

Copyright© 男性の知らない女性の性実態 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ