まさかの中折れ!?持久力のなさを痛感した話

みなさんは、いわゆる「中折れ」をご経験なさったことはありますか? 挿入したあとにペニスがへたってしまうのが「中折れ」ですが、私も一度経験したことがあります。当時の私に足りなかったのは、間違いなく持久力ですね。今回は、私が数年前にした中折れの苦い経験についてお話しいたしましょう。

◆恋人の家に遊びに行って

当時私はまだ学生でした。アルバイト先で知り合った1個下の女子大生と仲良くなり、紆余曲折を経て交際することに。その日はじめて、彼女の家に遊びに行くことになったのでした。まだ彼女とはセックスをしていなかったので、これはチャンスです。私はコンドームを購入し、それを財布に入れて、どきどきしながら彼女の家を訪ねたのです。

夕方に着きましたので、とりあえずはご飯です。外に食べに行くこともできましたが、私はどうしても彼女の手料理が食べたくて、何か作ってくれる? とお願いしました。すると出てきたのは焼きそば。生麺にソースの粉がセットになったやつですから、ただ炒めるだけで、純粋な手料理とは言い難いのですが、彼女に作ってもらえるだけでうれしいですし、美味しく感じるものです。

食事を終えて、別々にお風呂に入り、お酒を飲みながら雑談。夜も更けてきて、体を寄せ合っていちゃこらしていると、そういう雰囲気になってきます。私たちはキスをしたりなんかしたあと、ベッドに移って、服を脱ぎました。

◆最初はギンギンだったのに……

彼女を愛撫してあげたあと、こんどは彼女にフェラチオをしてもらって、コンドームを装着し、いざ挿入です。彼女はもう私の好みにドンピシャリでしたので、そういう子と交際して、しかもセックスをできるとなると、これ以上幸せなことはありません。ペニスもギンギンです。私はゆっくりとペニスを入れて、正常位でピストンを行いました。

しかし、酔っていたためでしょうか、ピストンを続けても、あと一歩のところでいけません。いけませんというのは射精にまでたどり着けないということです。気持ちよくはあるのですが、ピストン運動による脚の疲労がかなりのところまで来ていまして、思うように動けず、快感を限界にまで高めることができないのです。5分、10分とそうしていましたが、やはりイケる気がせず、体力ももう尽き果てたか、最初はギンギンだったペニスは徐々に硬さを失い、最後にはふにゃふにゃになってしまいました。

◆彼女をがっかりさせないためにも

そのセックスのあとは全身、筋肉痛になりましたね。射精にまで至らなかったので、彼女ともなんだか気まずい雰囲気。「え、イッてはないんだよね?」「気持ちよくなかった?」などと訊かれる始末。セックスがうまくいかないと彼女のほうもやはり気にしてしまうものなのです。

もしあのとき、私が普段から筋トレをする人であったなら、最後まで持ちこたえたかもしれません。また、酒を我慢して、セックスの前にバイアグラなどの勃起薬を飲んでいれば、状況は違ったことでしょう。なんにせよ持久力、持久力が足りませんでした。中折れは本当に、なんだか喧嘩をしたあとのような気まずさになりますから、体力、持久力に自信のない人は、普段から運動をしたり、あるいは勃起薬を用意したりして、対策を講じておいたほうがよいでしょう。彼女をがっかりさせないためにも、何らかの対策が必要です。

Copyright© 男性の知らない女性の性実態 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ