粗チンでも問題なし!ペニスの本当の魅力を知ろう!

ペニスが小さくてもヤリチンな人はたくさんいます。「こんな粗チンじゃ相手にしてくれないよな」なんて悩んでいる方もいるかもしれませんが、セックスで重要なのは大きさではありません。テクニックであったり、勃起力やその他のペニスの魅力が重要なんです。
粗チンであってもヤリチンになれる、そんな方法・考え方をご紹介いたします。

◆テクニックを磨いてみよう

ペニスの大きさがすべて、男はどうしてもそう思ってしまいがちです。ですが、粗チンであってもAV男優として頑張っている人もいますし、女性からモテて毎晩違う子とエッチをしている人だっています。ペニスの大きさはそれほど関係ありません。
ではセックスでは何が重要なのでしょうか?その一つの答えがテクニックがあるかないかです。たとえばペニスが小さくても男優になれる…それはセックスが上手であるからですよね。AVでは女優をいかに感じさせるか、イカせるかが重要です。ペニスが大きかろうが小さかろうがあまり関係はありません。
男優に限らず、一般男性においてもテクニックの重要性は見逃せません。愛撫に時間をかけ、女性の反応を見ながら責めることができればセックスで女心をつかむことができるでしょう。挿入にしたって、角度やピストンのリズムを変えてみたり、体位にこだわったりすれば楽しませることができます。
ペニスの大きさで悩んで消極的なセックスをするのではなく、テクニックを磨き積極的に性を楽しむほうが、結果的にモテるし女性を満足させることができるのです。

◆ペニスの魅力とはどういうものなのか?

とはいえ、ペニスそのものの魅力も大切な要素といえるでしょう。たとえば、硬さであったり持続力であったり角度や太さ…そういったことも重要なポイントです。硬くて太いペニスであれば膣内を効率よくこすり上げることができますし、勃起時の角度があればGスポットを刺激するようなピストンもできるでしょう。また、女性は長い間刺激を受けることでオーガズムを迎えやすくなるという研究もあります。持続力だって大切なペニスの魅力といえるのではないでしょうか。大きいかどうかなんていうのは、それほど関係ないんですね。

◆ペニスの魅力を磨くにはどうすればいい?

では、ペニスの魅力を鍛えるためにはどうしたらいいのでしょうか?勃起のメカニズムから考えると、血流が大切であるということがいえるでしょう。硬くする、角度を上げる…そういった魅力的なペニスを生み出すためには海綿体にたくさんの血液を流していくことが必要になります。
日常的にできるペニス磨きとしては、食事の改善が挙げられます。血流を高めるために肉や魚などを摂取したり、サラサラの血液を作るために食物繊維やミネラルを摂ると良いでしょう。セックス力アップの食材として有名な牡蠣はミネラルが豊富でタンパク質もあり、ペニスを魅力的に育ててくれます。
また、勃起力そのものに自信がない、実はED気味である…という方ならばバイアグラの服用がオススメです。すでに勃起不全になってしまっている場合、食事での改善は非常に時間がかかります。その点、バイアグラは即効性があり服用から30分で血流が高まって勃起のサポートをしてくれるのです。バイアグラを飲みつつ、食生活も改善していけば衰えたペニスの魅力もきっと取り戻すことができるのではないでしょうか。

Copyright© 男性の知らない女性の性実態 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ